会社概要

代表取締役

代表取締役 赤嶺竜司

社長あいさつ

これからの3年間は今よりもいっそう情報テクノロジーが加速していきます。
どんなにネット社会になろうとも人と人、人と物(商品)、人とサービスをつなげる看板(サイン)のもつ役割と価値は未来永劫変わることはありません。

私たちはこの情報テクノロジーの時代に、地域の景観を守りながら、世の中(私たちが住む町)を明るくし、活気づけることを使命と考え行動します。

社会的貢献を追求し、且つ我々の会社で働く皆が仕事を通して成長し、働く喜びを享受できるよう日々努力します。
これらのことを経営理念とし、且つ新しいことに挑戦し続けながら永続する革新的な会社にしていきたいと考えます。
皆様のより一層のご支援、ご指導を賜ります様お願いします。

会社概要
会社名 株式会社 昭和制作
設立 昭和46年1月
代表者名 赤嶺竜司
本社所在地 沖縄県那覇市高良3丁目12番地25号
TEL 098-857-0941 / FAX 098-858-7630
従業員数 29名
資本金 1,000万円
許可 屋外広告業届出済(83号)
一般建設業許可(一般)第5554号(とび・土木工事業・内装仕上げ工事業)
屋外広告物講習会終了(第773号)
広告士認定(登録(07)2068号)
一般広告美術技能士合格(広ペ第一号)(国家資格)
資格審査(全省庁当一試験)
沖縄県競争入札参加審査登録
那覇市競争入札参加審査登録
建築施工管理技士2級(躯体)合格
事業内容 看板、広告塔の企画・設計・制作・保守・管理業務
私達の考える仕事とは
1.看板コンサルティング力
看板を設置(またはすでに設置されている看板も含めて)お店の伝えたいメッセージを考えて視認性、集客方法を分析します。
2.デザイン力と100%+αのイメージ
人の興味やイメージは色、形、照明等の演出によって変わってきます。
そういった要素を十分考慮して看板のデザインをします。
3.技術とまごころ
あとは最先端のLED照明から木彫り、ネオン、電飾看板、大型写真出力まで幅広い制作で丁寧に心を込めて仕上げます。
ほとんどの看板は自社工場で製作組立するので安心価格と施工後の耐久性には自信があります。
4.人間味ある制作
看板のアフターサービスとは
看板を設置した後も、お客様とのお付き合いは終わりません。
看板はお店の、そしてお客様の人生の歴史でもあるのです。
照明器具は消耗品なので必ず交換の時期がくるものです。
看板設置後、何年か経って集客効果が落ちていないか等ご提案も致します。